1. 難波学園 Home
  2. 横浜調理師専門学校
  3. 学校の特徴
  4. カリキュラム

カリキュラム - 調理のプロになるための、基本姿勢から習得

横浜調理師専門学校の調理実習は、各ジャンルの基本的な料理から応用まで、調理操作を幅広く習得します。

食材を切ることから、テーブルに出すまでのすべてがプロの仕事。
それを理解し、一つひとつを丁寧に学んでいくことで、
まず料理に取り組む姿勢から変わっていく自分に気づくことでしょう。

西洋料理の授業

調理のプロになるための、基本姿勢から習得

横浜調理師専門学校は、趣味で作るのを楽しむだけの「料理教室」ではありません。近い将来、みなさんが調理のプロとして活躍することを前提に、現場を意識した指導を行います。
たとえばフランス料理のレストランでは、食材の名前や調理方法をフランス語で表すのが普通。厨房で即戦力となるには、そうした基本的なことがしっかり身についていることが求められます。
本校の西洋料理の講師は、国内でも名だたるホテルの総料理長経験者。現場でいきるプロの姿勢を、基本から学ぶことができます。

このページのトップへ

包丁を砥石でしっかり研ぎ、いつも最高のコンディションを保つことは、
調理人としての心と腕をたえず磨き続けることに通じます。
それは、どんな魚でも手際よくさばく、自分に出会える日への近道でもあります。

日本料理の授業

見て習い、やって習い、“魅せる”料理づくりへ。

日本人の食生活にすっかり欧米食が浸透した中、健康上の視点でいま和食が改めて見直されています。日本料理は、健康志向はもちろんのこと、わが国の風土になじんだ料理であり、目にも美しく旬を感じられるのが特徴。
それだけに料理人は、優れた調理技術だけでなく、日本の文化や季節の恵みに触れ、感性を磨くことが大切です。見習いとは、「見て習い、やって習う」こと。ベテラン講師の技を間近で見て、また実際に包丁を持って作ってみて、基本からじっくり学んでいきます。

このページのトップへ

世界中で愛されている中国料理。
日本人にも親しみ深いメニューを、プロの味覚で、よりおいしく仕上げていくことが目標です。
独特な食文化の歴史などにも触れながら、楽しく学んでいきます。

中国料理の授業

中華街があり、地場野菜も豊富な横浜で学ぶ

古くから食文化の交流地でもあった横浜。特に、中華街があることから、いつでも気軽にさまざまなプロの作る本格的な中国料理が味わえる好環境となっています。
また、あまり知られていませんが、横浜は大都市でありながら、全国でも他に例を見ない農地の多いエリア。西区を除くすべての区に農地があり、市の面積の約7.5%を占めています。だから、地場野菜も豊富に手に入ります。
横浜調理師専門学校は、料理に親しみ、学ぶのにふさわしい、そんな横浜市の中心部にあります。

このページのトップへ

おいしく見せる飾り付けや彩りの工夫こそ、お菓子づくりの楽しみです。
和・洋・中はもちろん、製菓までの広く学べる横浜調理師専門学校。
自分だけのセンスをいかし、食をデザインする喜びも体感できます。

製菓の授業

「きれい」「おいしい」という声を聞く喜び。

ケーキやデザートは、カタチや彩りの美しさが、まず食べる人の心を惹きつけます。また、和菓子はシンプルな材料だけで、12か月それぞれの旬を表現することができます。
まず「きれい」「かわいい」といった声が耳に入り、まもなく「おいしい」という笑顔を見られるのが、パテシエや和菓子職人の喜びにほかなりません。
目にも口にもおいしいお菓子が、作り手のセンスで美しくデザインされていくプロセスを、実習により体験します。

このページのトップへ

一度にたくさんの人数分を作る、学校給食や社員食堂などのメニュー。
時間やコストの制約がある中、栄養がしっかり摂れるだけでなく、
どれだけおいしいものを作れるかという独特の楽しみがあります。

集団調理の授業

笑顔が見えてくる、おいしさの提供を目指して。

集団調理は、いま志望者がとても増えています。ただし、栄養を満たしながら、食べる人全員がおいしいと感じるメニューを、決められた時間に最高の状態で出してあげるのは、たやすいことではありません。
何より、たくさんの人々が集まって、笑顔でわいわい楽しく過ごすひとときにふさわしい料理を提供することが大切。だから授業も楽しくなくてはいけません。みんなで作ったメニューの試食タイムを含め、わきあいあいとした実習をポリシーとしています。

このページのトップへ

調理実習(300時間)

授業の様子
教材

西洋料理
日本料理
中国料理
製菓

総合調理実習(90時間)

集団調理

もちろん、調理理論や衛生学もしっかり学びます!

食生活と健康(90時間)
食品と栄養の特性(150時間)
食品の安全と衛生(150時間)
調理理論と食文化概論(180時間)

卒業後資格

本校は、厚生労働大臣指定・神奈川県公認の国家試験免除校。
卒業と同時に、国家試験免除にて調理師免許を取得できます。

  • ・調理師免許
  • ・専門調理師学科試験免除(技術考査合格者)
  • ・食育インストラクター(認定試験合格者)
  • ・食品衛生責任者

横浜調理師専門学校をもっと知りたい!資料請求はこちらから!

お電話でのお問い合わせはこちらまで 045‐311‐4126