1. 難波学園 Home
  2. 横浜調理師専門学校
  3. スタッフブログ
  4. 2011年6月

スタッフブログ

2011年6月のアーカイブ

今回は、『横浜フランス月間2011』のイベントで、フランス料理特別講習会を行いました

 
 
このイベントは、横浜をフランス一色にしようっ!と言うイベントで、数年前から行われています。

本校も毎年参加し、生徒&一般向けと言う事で毎年フランス料理の講習会を行っています。

が、今年は震災の影響もあり、自粛と言う事で生徒のみ対象の講習会となりました。

毎年楽しみにしていた方、申し訳ございません(>_<)

 
 
 
 
今回の講師は地元横浜の老舗、『横浜十番館 総料理長 工藤弘之』先生です。

画像 089-1.jpg

ナンと工藤先生は26年前の本校の卒業生なんですょ

少し前に夜間部の授業を受け持って頂いていましたので、久し振りの授業になりますね。

画像 072-1.jpg
 
 
 
 
今回のメニューは、

≪フォワ・グラのスモーク、パルメザンチーズの衣付け揚げ バルサミコ酢のソース≫です

画像 003-1.jpg

これは美味しい~

フォア・グラは美味しいに決まってます それにチーズの衣のサクサク感がバッチリ

バルサミコ酢のソースの軽い酸味がまたまたグットですねぇ
 
 
 
 

続いてはスープ

≪地蛤・野菜・フレッシュハーブのスープ≫です。

画像 068-2.jpg

写真じゃ見えませんが、大きいハマグリが入っています。

スープにはすりおろしたジャガイモも入っていて、クラムチャウダーの様な感じです

 
 
 
 

そして

≪牛ホホ肉の赤ワイン煮 プロヴァンサル風≫です。

画像 080-1.jpg

柔らか~い牛ホホ肉にフォンドヴォーを使ったソースがたまりません

どこか懐かしい感じで、さすが老舗横浜十番館の味ですね

 
 
 
 
画像 082-1.jpg

生徒のみんなもこの美味しい料理に舌包み

感想は・・・・・ 「スッゲーッ、ウメェーッ」 です

訳しますと「凄く、美味しい!」ですね。

 
 
 
 
 
 

毎年この講習会には『横浜ガストロノミ協議会』のシェフの皆さんが応援に駆け付けて下さいます

横浜を盛り上げよう~! と言う、シェフの集まりの会なんです。

本校も勿論そのメンバーです。一緒に横浜を盛り上げています

今回も皆さんに料理を手伝って頂きましたょ。

 
 
 
 
 
お忙しい中、いつもありがとうございます
 
 
画像 087-1.jpg
 
 
左から、霧笛楼の今平シェフ、本校卒業生ティーズの福山シェフ、ストラスブールの小山シェフ、コルネアの中塩シェフ、ウインドジャマーの福士シェフ

いずれも横浜を代表する名シェフ達ですょ

このページのトップへ

今年もイタリアから講師の先生がやって来て下さいました

 
 
ムッルー・シモーネ先生と野沢寛夫先生です
 
 
未来のイタリア料理人育成に情熱を注ぐ『ICIFイチフ 外国人の為のイタリア料理研修機関』に所属のお2人です

画像 049-1.jpg

 
 
 
もちろん左がムッルーさん、右が野沢さんです
 
 
 
今年のメニューはと言うと、
 
 
まずは『オマールえびのテリーヌ ブロッコリー、オリーブとフレッシュトマトのゼラチン寄せ添え』です。
 
 
58620036-2.jpg

う~ん、贅沢にオマールえびを使用しています。

 
58620035-2.jpg
 
 
トマトとオリーブが本場イタリアを感じさせてくれます
 
 
 
続いては『ソレント風ニョッキ』です。
 
 
58620355-2.jpg
 
 
これはまさに定番の味です。
 
ニョッキにトマトとチーズがたまりません
 

58620372-2.jpg

 
  
お次は『ほろほろ鳥のグリーンペッパー風味』です。
 
58620108-2.jpg
 
 
普段あまり食べる事のないほろほろ鳥、少し独特の風味がありますが、しっかりとした肉感はいけますねぇ
 
蜂蜜をカラメル状にした物に、バルサミコ酢と赤ワインビネガーを加えて煮詰めた物を塗り、グリーンペッパーをかけて焼いてあるので、甘酸っぱい中にピリッとした感じが良く調和しています。
 
58620109-2.jpg

 

最後はデザート。
 
『ボネッ』
 
 
ってネーミングです
 
画像 054-1.jpg
 
 
カカオの利いたチョコレートが、まったりと口の中でトロけますねぇ~
 
 
 
 
そして生徒と記念写真
 
 
画像 004-2.jpg
 
 
ムッルー・シモーネ先生、野沢寛夫先生、今年も遠い所からありがとうございました
 
 
 
 
 
ムッルー先生、お笑いの有田に似てますねぇ・・・
 
画像 004-3.jpg

このページのトップへ

今日はまた中国料理の実習の様子です

今回は、スープの取り方や鍋の扱い方の実習です。
 
 
 
 
 
りんくんび先生はいつも分かりやすく熱く教えて下さいます
 
 
画像 061-1.jpg
 
 
 
まずはスープの取り方ですね。
 
 
画像 068-1.jpg
 
 
 
寸胴一杯のチキンスープはとても良い香りがします。

思わずゴクッと唾を飲みます。

チキンスープは中華料理には欠かせませんよね

 
 
アクを取りながらじっくりとスープを取って行きます。
 
これは後ほど蛋花湯(卵スープ)で使いますよ

  

 
今日はもう一つ『炒飯』を作ります。
 
 
画像 070-1.jpg
 
オッと、出ました中華鍋
 
これは重たくて大きいですよ~
 
 
 
画像 077-1.jpg
 
 
ズラ~ッと並んだ調理台は圧巻です
 
凄い迫力がありますね
 
 
 
 

画像 081-1.jpg

 
女の子も頑張っていますね 大丈夫かな~
 
女の子にはこの大きな鍋は厳しいですが、やっていると慣れてきてコツが分かって来ます
 
でも片手じゃ男の子にだって中々持ち上がりません
 
ですからそんな時は、鍋をガス台の上に置いたまま、ヘラやオタマで一生懸命かき回します
 
すべての米粒が鍋に触れる様にセッセ、セッセとですよ~。
 
するとパラパラの美味しい炒飯が出来るんですね。
 
 
 
画像 085-1.jpg
 
釼持先生もいつも熱心に教えて下さっています
 
話を聞く生徒の目も真剣です
 
 
 
 
そして出来あがりは・・・
 
 
 
画像 065-1.jpg
 
 
ほ~、美味しそうに出来あがりましたねぇ~
 
炒飯が黄金色ですよ
 
蛋花湯(タンホゥアタン)は、取り立てのチキンスープに干しシイタケの旨味が出ていて、
 
筍のコリコリ感と卵のフワフワが良い感じになっていますよ
 

このページのトップへ

先日行われた夜間部のテーブルマナーです

場所は『横浜ロイヤルパークホテル』ランドマークタワーで有名な所です

画像 098-1.jpg

まずは難波理事長の挨拶から始まりです!

画像 094-1.jpg

その後、高橋明総料理長から料理の説明を詳しくして頂きました

画像 100-1.jpg

今回も凄く楽しみなお料理ばかりです

生徒のみんなは真剣にメニューとにらめっこしてます

画像 099-1.jpg

そして、ホテルの方にマナーのレクチャーを受けながら、いよいよ食事のスタートです

画像 105-1.jpg

まずは前菜から、

画像 108-1.jpg

『海の幸をのせたじゃが芋のブランマンジェ 春の香り』です

香ります とても良い春の香りがします

美味しい物を食べるとが飲みたくなります。

が、今日は出ませんので残念です

そしてスープは、

画像 119-1.jpg

『白蛤のインペリアル風を添えたサフランスープ』です。

ちょっと見た目が珍しい感じですが、とても深い味わいですねぇ

そしてお魚は、

画像 124-1.jpg

『ずわい蟹のムースリーヌを巻いた太刀魚のローストとレンズ豆のブレゼをアンショワのクリームソースで』です

チャンと噛まずに読めましたか??

絶妙なマッチングが醸し出す深い味わいで良いですねぇ~

そしてメインディッシュのお肉は、

画像 116-1.jpg

と、その前に難波理事長を囲んで記念写真

で、お肉は・・・

画像 137-1.jpg

コレです、コレですね

画像 138-1.jpg

ド~ンとアップで・・・

画像 138-2.jpg

『フィレビーフアッシェのペルシャードと横浜地野菜のハーモニー』です。

お肉が凄~く柔らかくて、お口に入れたらドンドン溶けて行きます

素晴らしいハーモニー

画像 135-1.jpg

グーでしょう

画像 136-1.jpg

ピースでしょう

そして最後はデザートですよ

画像 140-1.jpg

『マンゴーと苺のドーム仕立てとルバーブのシュトロイゼルタルト、ピスタチオのアイスクリームを添えて』です。

画像 142-1.jpg

コレにもやっぱりピースですね

とっても美味しいです

コーヒーで締めてごちそうさまでした

高橋シェフ、ロイヤルパークホテルの皆さん、ありがとうございました

このページのトップへ

今日は日本料理実習の様子をお伝えしましょう

今回は『鯖(さば)』がテーマです

画像 165-1.jpg

講師の先生は『辻先生』ですね。ちょっとポーズして頂きました

画像 157-1.jpg

もう一人の先生は『満園先生です』

生徒も初めての鯖ですから、真剣そのものです

エラの構造を理解していないとナンだかさっぱりです

画像 152-1.jpg

でもエラが取れたら少し余裕が出ます

今日は鯖の頭は使わないので、本当はエラごと切り落とせば良いのですが、

折角ですのでエラを取る練習です。

画像 191-1.jpg

女の子の和白衣姿ってカッコイイですよね

辻先生の顔も嬉しそうですもの

出来あがりはこんな感じです。画像 184-1.jpg画像 185-1.jpg画像 182-1.jpg

メニューは、『鯖の味噌煮』&『鯖の唐揚げ』でした

今日も美味しそうに出来ましたね

このページのトップへ

横浜調理師専門学校をもっと知りたい!資料請求はこちらから!

お電話でのお問い合わせはこちらまで 045‐311‐4126