1. 難波学園 Home
  2. 横浜調理師専門学校
  3. スタッフブログ

横浜調理師専門学校を体験!体験入学

横浜調理師専門学校が分かる!資料請求

学園スタッフブログ

スタッフブログ

【横浜調理師専門学校 スタッフブログ】

 
今回は毎年行われている「イタリア料理 特別講習会」の様子をご覧頂きましょう~!
今年もイタリアからお越し頂きましたお二人!
CIMG2539-4.jpg
ICIF(イチフ:外国人の為のイタリア料理研修機関)所属の野沢先生とアレッサンドロ。ジャニェティチ先生です

読むのが難しいお名前の先生です(*'-'*)

CIMG2530-9-4.jpg
 
昨年もお越し頂きましたが、ユニークで明るい先生です
CIMG2544-4.jpg
 
本場のイタリア料理を学ぶ機会に恵まれた生徒たちは皆真剣に聞き入っておりますね!
CIMG2548-4.jpg
 
本日のメニューは
「ペンネ アッラ ノルマ」
CIMG2561-4.jpg
 
「イカの詰め物 EXVオリーブオイルにトマトの風味 アサリの旨味を加えたソース添え」
CIMG2563-44.jpg
と~っても美味しそうです(#^.^#)
 
以上2点のお料理ですよ~ヽ(´▽`)/
CIMG2552-4.jpg
 
早速実習に入りましょう~
 
トマトは湯向きにします
CIMG2570-4.jpg
 
イカも捌きましょう
CIMG2572-4.jpg
 
CIMG2568-4.jpg
 
折角ですんで、チョイチョイ記念撮影しながら・・・・
CIMG2564-4.jpg
 
CIMG2566-4.jpg
 
CIMG2569-4.jpg
 
ボイルしておいたゲソやエンペラーは刻んでズッキーニやエシャロットなどと一緒にイカの胴体に詰めます
CIMG2578-4.jpg
 
トマトは乱切りに~
CIMG2582-4.jpg
 
CIMG2616-4.jpg
 
CIMG2581-4.jpg
 
ニンニク、エシャロット、ズッキーニなどを炒めたものと、卵黄やパン粉を混ぜ合わせ、塩胡椒で味を整えたものをイカの胴体に絞り入れますよ~
CIMG2584-4.jpg
 
楊枝で口を閉じたら表面にオリーブオイルを塗ってオーブンへ~
CIMG2587-4.jpg
 
一方パスタは、茹で上げたのち、トマトソースと揚げナスを煮込んだものと合わせます
CIMG2599-4.jpg
 
良く混ぜ合わせお皿へ
CIMG2601-4.jpg
 
リコッタチーズを卸し掛けて完成です
CIMG2604-4.jpg
 
イカの詰め物も焼き上がりましたよ~(*´∇`*)
CIMG2595-4.jpg
 
綺麗に切り分けてお皿へ
CIMG2596-4.jpg

ボ~ノ、イタリア~ノ(*´∇`*)

CIMG2608-4.jpg
 
良い香りで美味しいですねぇ~
CIMG2609-4.jpg
 
本場のお味は如何でしょう~??
CIMG2628-4.jpg
 
CIMG2629-4.jpg
 
CIMG2630-4.jpg
 
 
そして、夜間部も教えて頂いてますよ~
 
材料を準備して・・・
CIMG2640-4y.jpg
 
CIMG2642-4y.jpg
 
茄子は小麦粉をまぶして揚げておきます
CIMG2638-4y.jpg
 
CIMG2644-4y.jpg
 
さあ準備が出来たら胴体へ絞り込みます
CIMG2643-4y.jpg
 
CIMG2645-4y.jpg
 
CIMG2648-4y.jpg
夜間部の皆さんも美味しく出来ましたね~
 
CIMG2635-4y.jpg
 
野沢寛夫先生、アレッサンドロ・ジャニェティチ先生、本物のイタリア料理ありがとうございました!
 
 
 
 
 
 
PR 全国調理師養成施設協会 調理師専門学校 調理師免許 イタリア料理 シェフ 製菓 給食 ICIF 特別講習会 横浜調理師専門学校 スイーツ カフェ 料理 料理人 調理 調理師 調理師科 東京調理師専門学校 関東調理師専門学校 神奈川調理師専門学校

このページのトップへ

和食の授業です!

2017年6月14日

【横浜調理師専門学校 スタッフブログ】

 
今回は和食の実習の様子を見てみましょう~
今日のメニューは
『鯖(サバ)の唐揚げ&味噌煮』ですよ~!
 
sk-11.jpg
 
今回は魚を卸すのが一番の課題です
sk-12.jpg
 
しっかり砥げた包丁じゃないと綺麗には卸せませんよ~(*^▽^*)

下味を付けた身に薄力粉を付けて揚げてます 

sk-13.jpg
サックリして美味しいんですよね~
 
味噌煮はこんな風に作りましょう
sk-16.JPG
味噌煮って美味しいですよね~
ご飯にもすごく合います
 
sk-14.jpg
生徒の皆もイイ感じに出来てそうですよ~
 
↓コチラは夜間部の皆さん
sk-15.jpg
魚の扱い、皆さん大分上手になりましたね~(*^▽^*)
 
 
 
 
PR 調理師専門学校 全国調理師養成施設協会 調理師免許 日本料理 和食 魚料理
シェフ パティシエ 製菓 料理教室 大人の料理教室

このページのトップへ

【横浜調理師専門学校 スタッフブログ】

 
今回は中国料理の実習を見てみましょう!
メニューは炒飯と卵スープですよ~
CIMG1750--1.jpg
 
まずは中華包丁を使って材料を準備します。
大きい包丁には慣れたかな??
ch--0.5.jpg
 
作業のメインは、重たい中華鍋の扱い方です(*'-'*)
ch--1.jpg
 
ただでさえ鍋が重たいのに、食材が入ると重さも増します(>_<)!
五徳(ガス台)の縁を使って上手に鍋を煽りたいですね
そうすれば重さもあまり影響を感じませんよ~
 
スープも同時進行で作ります!
あまり時間を掛けるとスープが黒ずんできますので手際よく行きましょう~!
最後に花が咲いたように卵を流し入れて完成です
ch--2.jpg
 
お楽しみの試食の時間
出来栄えはどうですか~(*^▽^*)??
美味しそうに見えますよ~
ch--3.jpg
 
さぁ続いては夜間部も覗いてみましょう~!
 
中華包丁の扱い方も様になって来ました!
ch--4.jpg
 
鍋の扱いにはまだまだ時間が掛かりますけど(*^▽^*)
これは仕方ありませんね(*'-'*)
ch--5.jpg
 
皆さんイイ感じに出来たでしょうか~ヽ(´▽`)/
 
 
 
 
PR 調理師専門学校 調理師養成施設協会 調理師免許 中国料理 炒飯 シェフ カフェ 横浜駅

このページのトップへ

【横浜調理師専門学校 スタッフブログ】

 
先日、新横浜プリンスホテルにて、夜間部の西洋料理のテーブルマナーを行いました!
これはこれは美味し~い授業の一つですよ~(*^▽^*)
IMG_9033---1.jpg
少々写真がボケてます(泣)
 
tm---2.jpg
校長先生の挨拶から始まり、山本総料理長のメニュー紹介もありました!
 
CIMG1879---1.jpg
このメニューを見ただけで夢が膨らみますね~
 
委員長が代表して乾杯の音頭を取ってくれました
CIMG1883---1.jpg
これも宴会などでの練習の一つ
未成年者もいますので、残念ながらジュースですけど(-_-;)
 
さあ、美味しい授業が始まりますよ~
まずはお楽しみの一皿アミューズから~
IMG_9034---1.jpg
 
イイですね~(*^▽^*)
これから先のお料理がますます楽しみになって来ます!

前菜は「彩り野菜とマグロのモザイク作り グリピッシュソースお花屋さん風サラダ」です

IMG_9035---1.jpg
凄~く綺麗
食べるのが勿体な~い(*'-'*)♫
 
tm---3.jpg 

次は「鴨フォアグラのロワイヤル トリュフの香るほのかに甘いソースと共に」です

IMG_9036-111.jpg
日本風に言えば茶碗蒸しの様なトロリとした食感
フォアグラの美味しさの中にトリュフのイイ~香りが最高の一品です
 
次はお魚料理
「舌平目 春の香草焼き ナスタチュームの香り」です
IMG_9038---1.jpg
最近は舌平目を頂く機会があまりなかったのですが、やはり美味しいお魚ですねえ
ソースとのマッチングも絶妙です(´ー `)
 
tm---4.jpg
大人の方は言ってます。
「ワインと合わせて頂きたい
ですよね~(*^▽^*)
 
tm---5.jpg
 
そしてメイン料理は「牛フィレ肉のポアレ ベアルネーズソース 彩り野菜添え」です
IMG_9039---1.jpg
 
フランス料理の伝統的なソースは、ヒレ肉の美味しさを更に際立たせますねぇ(*^▽^*)
美味しいに決まってます
CIMG1911---1.jpg 

そして仕上げのデザートは「柔らかなホワイトチョコレートムースと季節のフルーツ ほうじ茶のアイスクリームを添えて」です

IMG_9041---1.jpg
ムースの甘さとフルーツの酸味が良いです~ヽ(´▽`)/
 
この後コーヒーを頂いてお料理は終了です
テーブルマナーを教わりながらの美味しいお食事会、とても勉強になりました
結婚式やパーティーの時にとても役に立ちそうです!
それにしても綺麗で美味しいお料理には感激しましたヽ(´▽`)/
料理長の山本さん、ありがとうございました
夜間部の皆さんも大満足の様子でしたよ~(*´∇`*)!!
 
 
 
㏚ 全国調理師養成施設協会 調理師専門学校 夜間部 テーブルマナー 新横浜プリンスホテル

このページのトップへ

洋食の実習です!

2017年5月22日

【横浜調理師専門学校 スタッフブログ】

 
入学して1ヵ月チョッと、生徒の皆さんもだいぶ学校に馴染みましたね
実習の方も着々と進んで行っていますよ~!
 
今日は西洋料理の実習を見てみましょう!
今回は「丸鶏の卸し方」です。
1人1羽の鶏肉の解体の仕方を学びます。
まずは夜間部の様子を覗いてみましょう~
to-1.jpg
 
鶏肉の解体方法を知っていれば、クリスマスにも大変役に立ちますよ~(*^▽^*)
そして今日は解体したお肉を使って、「若鶏のソテー カッチャトーレ風」の料理も作ります
CIMG4305-to-1.jpg
 
鶏肉をソテーしたらワインを入れてフランベしますね
(余分なアルコール分を飛ばすために火を入れる事)
to-2.jpg
凄い感じになってますけどフライパンから手を離さないで下さいよー
自分で解体した鶏肉を使った料理、美味しく出来たでしょうか??
 
それでは昼間の様子を見てみましょう~(*´∇`*)
to-3.jpg
 
始めて見る丸鶏は、どっちが背中でどっちがお腹かも分かりませんね(*'-'*)
CIMG4292-to-3.jpg
 
捌けたら料理に進んでいきます。
その他の食材も準備しましょう
to-4.jpg

お肉も良い感じに焼けたらフランベして鍋に入っているその他の材料と合わせて行って、最後に味を決めて仕上げましょう 

to-5.jpg
 
美味しそうですよ~ヽ(´▽`)/
CIMG4310-to-2.jpg
 
さぁ完成です
お待ちかねの試食タイムを楽しみましょう~
to-6.jpg
みんな良い顔してますねぇ~(*^▽^*)

このページのトップへ

横浜調理師専門学校をもっと知りたい!資料請求はこちらから!

お電話でのお問い合わせはこちらまで 045‐311‐4126