1. 難波学園 Home
  2. 横浜栄養専門学校
  3. スタッフブログ
  4. 2015年1月

スタッフブログ

2015年1月のアーカイブ

実験2題

2015年1月26日

今回は、実験の授業を紹介します。

1年生は食品学実験Ⅱの授業です。

スキムミルクの中のタンパク質量を定量しています。

食品中の有機物を分解するため、濃硫酸をスキムミルクに加えます。

IMG_0124.jpg

緩やかに加熱をして、分解を始めます。

IMG_0080.jpg

分解器に移して、さらに分解を続けます。始めは栄養成分が激しく炭化して、真っ黒に焦げています。亜硫酸ガスや一酸化炭素ガスが発生して、臭くて、危険で、近寄れません!これから8時間以上かかります。

IMG_0127.jpg

やっと、分解が進んで、こんな色になりました。 学生は交替で観察に来ます。もう~大丈夫!

IMG_0132.jpg

更に薬品を加えて、

IMG_0122.jpg

特殊な蒸留器で、分解された、タンパク質に含まれた窒素を抽出して、採取します。

IMG_0145.jpg

最後は、中和滴定という実験方法で求めます。 長い道のりだった。

IMG_0147.jpg

2年生は、食品衛生学実験です。

牛乳の乳脂肪分の定量をしています。 これも難しそう~

最初に、ゲルベルのブチロメーターという特殊な器具に硫酸を取ってから牛乳を採取します。

IMG_0144.jpg

IMG_0143.jpg

恒温槽で、一度、加熱をします。

IMG_0133.jpg

遠心分離器に掛けて、脂肪分を分離します。

IMG_0136.jpg

やっとこんな具合に分離されました。透明部分が脂肪分です。目盛りを読んで、脂肪分が判ります。

IMG_0141.jpg

このページのトップへ

横浜栄養専門学校をもっと知りたい!資料請求はこちらから!

お電話でのお問い合わせはこちらまで 045-351-0514