1. 難波学園 Home
  2. 横浜栄養専門学校
  3. スタッフブログ
  4. 2018年11月

横浜栄養専門学校を体験!体験入学

横浜栄養専門学校が分かる!資料請求

横浜栄養専門学校スタッフブログ

スタッフブログ

2018年11月のアーカイブ

11月13日に、2年生が専門調理実習で中国料理を学びました。

中国料理担当の講師は、元横浜ロイヤルパークホテル中国料理長として腕を振るっていた釼持正夫先生です。 今回の実習では沙津海鮮巻(変わり春巻きマヨネーズ風味)と什錦炒米粉(焼きビーフン)を作りました。

大きな中華包丁で丁寧な下ごしらえ。流石でした。
s-IMG_1710.jpg

s-IMG_1740.jpgs-IMG_1746.jpg

焼きビーフンに使う薄焼き卵。慣れないと難しいです。
s-IMG_1751.jpgs-IMG_1752.jpg

春巻きの巻き方にもコツがあります。丁寧に教えていただきました。
s-IMG_1781.jpgs-IMG_1769.jpg

s-IMG_1774.jpg

焼きビーフン、春巻きも仕上げていきます。
s-IMG_1791.jpgs-IMG_1795.jpg

s-IMG_1804.jpg

s-IMG_1825.jpgs-IMG_1826.jpg

s-IMG_1711.jpg

一流の技術と味を勉強できるので、学生も喜んでいます。春巻き、焼きビーフン共に上品なお味でとても美味しかったです

このページのトップへ

2年生が食品加工学実習で麺を作りました。

麺といっても様々な種類がありますが、今回はいわゆる中華麺です。

小麦粉とかんすいを混ぜ、しっかりと練っていきます

s-IMG_1114.jpgs-IMG_1121.jpg

s-IMG_1144.jpg

生地はしばらく寝かせた後、製麺機を使って薄く伸ばしていきます。

s-IMG_1264.jpgs-IMG_1329.jpg

製麺機の刃を替え、麺に加工していきます。この状態は、いわゆる「ストレート麺」

s-IMG_1343.jpg

これを手で握り、「縮れ麺」にしました。

s-IMG_1353.jpgs-IMG_1355.jpg

加工した麺は各自持ち帰りました。ラーメンや焼きそばにしたようで、市販の生麺より美味しかったと評判でした

s-IMG_1347.jpg

このページのトップへ

2年生の栄養学実習の様子です。栄養学実習では様々なライフステージに合わせた食事作りについて学ぶ授業です。今回は「幼児期の食事」として、保育園の給食2種類を実習しました

IMG_1580.jpgIMG_1587.jpg
段取りを相談してから調理開始!

IMG_1601.jpgIMG_1607.jpg

IMG_1610.jpgIMG_1619.jpg調理の工夫についても教えてもらいます。        「やわらかくなったかな?」  

IMG_1624.jpgIMG_1625.jpg鱈のフライも幼児に合わせた大きさに!

IMG_1645.jpgIMG_1649.jpg

IMG_1659.jpgIMG_1660.jpgシェパーズパイというマッシュポテトとひき肉のパイを作ります

IMG_16660.jpgIMG_1683.jpg美味しそうに完成          出来上がりを評価してもらいます。

IMG_1681.jpg
栄養のバランスだけでなく、子供たちに「美味しそう!」「食べたい!」と思ってもらうことも大事です。
調理の技術も、栄養士にとっては大切なスキルですね。

このページのトップへ

2年生が専門調理実習の西洋料理を学びました

講師は前回の西洋料理と同様に山本聖廣先生。元プリンスホテルの料理長であり、現在は姉妹校の横浜調理師専門学校で実習指導部長として活躍されています。

今回の実習はPaella(パエリア)とSopa de ajo(ニンニクのスープ)です!

パエリアは本格的でありながらも給食としてアレンジできるようにと、具と米を別々に調理する方法を教えていただきました。
ニンニクのスープも、美味しく仕上げるポイントを丁寧に指導して下さいました。

IMG_1411.jpg

IMG_1450.jpg  IMG_1489.jpg

学生も負けじとファイヤー( `―´)ノ

IMG_1506.jpg

調理作業は複雑で難しいのですが、料理は楽しく!が、山本先生のモットーです。

IMG_1508.jpg  IMG_1514.jpg

美味しく完成しました(#^.^#)

IMG_1553.jpg  IMG_1562.jpg

みんなでワイワイと楽しく頂きました(*^。^*)お店で出したらいくら位なのでしょう(。´・ω・)?

IMG_1568.jpg

IMG_1556.jpg

本格的な料理を学ぶことができるのも、横浜栄養専門学校の特徴です

山本先生、今回も楽しい指導をありがとうございました。

このページのトップへ

今回1年生の食品学実験で、スキムミルクに含まれているカルシウム量を調べました

先週スキムミルクを前処理して、シュウ酸カルシウムという状態にしてあります。今回はその沈殿物を洗浄後硫酸で溶かし、その溶液を「滴定」と呼ばれる方法で測定して、カルシウム量を計算していきます。

先生のデモンストレーション
IMG_1152.jpg

操作を間違えると正しい結果が得られません。学生も真剣に取り組んでいます。
IMG_1159.jpg   IMG_1164.jpg IMG_1185.jpg

滴定の操作は久しぶり
IMG_1208.jpg

30秒色の変化が無ければOK

IMG_1217.jpg

目盛りを確認して、計算していきます。
IMG_1214.jpg  IMG_1248.jpg

IMG_1249.jpg

初めて使う器具があり、操作もたくさんありましたが、班で協力して良い結果を得ることができました。

このページのトップへ

横浜栄養専門学校をもっと知りたい!資料請求はこちらから!

お電話でのお問い合わせはこちらまで 045-351-0514