1. 難波学園 Home
  2. 横浜栄養専門学校
  3. 在校生の声 清野綺夏さん

先輩メッセージ

在校生の声 - 在校生の生の声を聞いてきました!これからのみんなに必見のワンポイントアドバイス!

在校生 清野綺夏さん
神奈川県立逗子高等学校卒

清野綺夏

本学に入学したきっかけや理由、決め手を教えてください。

2年間でしっかりと知識や技術を身につけて資格を取り、就職に生かしていきたいと考えていた時に、横浜栄養専門学校の先生が自分の高校に来て下さりました。それがきっかけとなって夏休みに体験入学に参加しました。体験授業を受ける中で、座学での理論と実験での実践が理解を深めるというやり方が自分に合っていると思いました。他にも給食実習室は設備が整っていて、現場と同じように実習ができそうだなぁと感じたり、就職実績もしっかりしていたりと、この学校でならきちんと学べると思い、入学をしました。

入学前に不安に感じていたことがあれば、教えてください。

当時SNSなどで調べても全然学校のことが出てこなかったので、普段の授業の様子とかがわからなくてとても不安でした。私が入学後に学校のSNSが始まったので、今はTwitterやInstagram、Youtubeなどで見ることができます。もっと早くやっていて欲しかったです(笑)。

清野綺夏

入学してみてどんな印象を受けましたか?

高校の時と生活のリズムはあまり変わらなかったので、安心しました。毎日しっかり授業がありますが、実習や実験も多くあるので、とても充実しています。ただ、手荒れしやすい人はちょっと大変かも。手を洗う機会が多いので、ハンドクリームが手放せなくなりました。

現在の学生生活・プライベートにおいて楽しいこと、充実していると感じることについて教えてください。
また高校までとの違いに驚いたこと、ギャップを感じたことがあれば、教えてください。

高校と違い、同じ職業、同じ目標を目指す仲間ができたことがとても嬉しいです。特にみんな食べることが大好きなので、一緒に美味しいものを食べに行くのが楽しみになっています。その反面、勉強については高校以上に真剣に取り組まないといけません。専門的な知識をしっかりと理解すること、調理の技術を身に付けることは、将来の自分のためではありますが、怠けたら単位を落としてしまいますので。テストではドキドキしてしまいます(笑)。

卒業時の自分の理想像を描いてみてください。どんな自分になっていたいですか?
今後の目標や、頑張りたいことや挑戦してみたいことについて教えてください。

1つでもいいから、自信を持てることを作って社会に出たいです。まだ学校を一度も休んでないので、皆勤賞を取りたいですね。定期試験も毎回「目指せ!1番!」と思って取り組んでいます。もちろん知識だけでは栄養士は務まりませんので、調理技術、特に野菜などの切りもののスピードアップにも取り組んでいきたいです。卒業後は管理栄養士も目指していきたいですね。みんなに信頼されるような仕事をしていきたいです。

高校生へのメッセージをお願いします。

もし栄養士を目指しているなら、入学後はしっかりと勉強してください。初めて学ぶことばかりで理解しにくいと思うかもしれませんが、いろいろな授業が「栄養・健康」に繋がっています。1つ1つの授業をしっかり理解できれば、他の授業もかなり分かるようになります。横浜栄養専門学校は現場を経験している先生も多くいるので、実際の業務についてもいろいろな話を聞くことができます。それは今後栄養士としてやっていく上で、大きな財産になると思っています。

横浜調理師専門学校をもっと知りたい!資料請求はこちらから!

お電話でのお問い合わせはこちらまで 045‐311‐4126