1. 難波学園 Home
  2. 横浜栄養専門学校
  3. 在校生の声 徳永隼人さん

先輩メッセージ

在校生の声 - 在校生の生の声を聞いてきました!これからのみんなに必見のワンポイントアドバイス!

在校生 徳永隼人さん
神奈川県立金井高等学校卒

徳永隼人

本学に入学したきっかけや理由、決め手を教えてください。

高校生の時から栄養士と調理師、両方の資格を取りたいと思っていました。横浜栄養専門学校は、姉妹校として横浜調理師専門学校があり、ダブルプランを利用して目標を達成しようと考えました。とはいえ一度は学校を見てみようと体験入学に参加したところ、電車・バスでも通いやすいだけでなく、バイクでの通学もできるというところに惹かれました。

入学前に不安に感じていたことがあれば、教えてください。

1つはズバリ勉強ですね。専門的な学習についていけるかがとにかく心配でした。もう1つはクラスの雰囲気になじめるかどうか。僕みたいに高校を卒業したばかりの人だけではないと聞いていたので、どんな人がいるのだろうと気になりました。

入学してみてどんな印象を受けましたか?

まずはクラスの雰囲気が良くて安心しました。入学したての頃は女子学生が多くて圧倒されましたが(笑)、逆に男子学生同士の団結力が深まりました。今は男女関係なくみんな仲良しですよ!毎日学校に行くのが楽しいです。勉強については、先生方が丁寧に教えてくださるので理解しやすいです。実験や実習もたくさんあるので、とても充実感があります。

徳永隼人

現在の学生生活・プライベートにおいて楽しいこと、充実していると感じることについて教えてください。
また高校までとの違いに驚いたこと、ギャップを感じたことがあれば、教えてください。

学校で趣味の合う友達ができたので、とても充実しています。バイクや車での通学もできるので、昼休みの時間を利用して一緒にご飯を食べに行ったり、放課後にちょっとツーリングに行ったりと、毎日楽しみがあります。高校との違いは、年齢が違うクラスメイトが一緒に学ぶところですね。先輩後輩という関係性ではなく、友人として30代や40代、50代の人と繋がっていきます。上下関係がないのは、スタートラインが一緒だからかと思います。ですが人生の先輩として、その経験や価値観、人生観は僕に大きな影響を与えてくれています。

卒業時の自分の理想像を描いてみてください。どんな自分になっていたいですか?
今後の目標や、頑張りたいことや挑戦してみたいことについて教えてください。

まずは姉妹校の横浜調理師専門学校に行って、しっかりと調理技術も磨く予定です。その後は栄養士として働きたいと思っています。どんな施設へ就職するかはまだ決めていませんが、相手の立場や気持ちを大切にしていけるような、そんな栄養士を目指したいです。

高校生へのメッセージをお願いします。

高校を卒業して栄養士になりたいと考えるなら、横浜栄養専門学校をおすすめします!座学での学習ばかりではなく実習や実験が多く、環境も整っています。実験室が3つもあるんですよ!他にも駐車場が無料で利用できるのがとても嬉しいです。バイク通学最高です!(笑)。先生方も親切で、授業や学校生活の事はもちろんですが、卒業後も就職や管理栄養士試験の対策など、手厚くフォローして頂けるので安心しています。楽しく学びたい、いろんな仲間と繋がりたい、それを実現できるのがこの学校だと思います。一度でもいいので、その雰囲気を確かめに来てください。

横浜調理師専門学校をもっと知りたい!資料請求はこちらから!

お電話でのお問い合わせはこちらまで 045‐311‐4126