1. 難波学園 Home
  2. 横浜栄養専門学校
  3. スタッフブログ

スタッフブログ

2023年1月に行われた食品衛生学実験の様子をご紹介します

日本では、アニサキスによる食中毒が多発しています。この実験では、スケトウダラを解剖して、アニサキスの寄生状況を確認し、虫体の観察や計測を行います。さらに、酢やわさび等に対する抵抗性を調べ、予防法についても考察していきます。

このページのトップへ

特別調理実習は、姉妹校の横浜調理師専門学校(横浜駅西口)の授業に参加し、洋菓子や和菓子専門職の先生から学ぶ実習です。

この日は洋菓子でチョコレートケーキが課題でした。ガトーショコラに近いコクのあるジェノワーズにツヤのあるガナッシュの調整がポイントでしたが、温度管理もうまくいき、ご指導によりとても良い出来栄えでした。

仕上げにカリカリで美味しいアーモンドのキャラメリゼを作ってのせました。

#栄養専門学校 #栄養士養成施設 #調理実習 #横浜栄養専門学校 #栄養士 

#横浜調理師専門学校 #チョコレートケーキ #洋菓子講習

    このページのトップへ

    腎機能検査の一つクレアチニン・クリアランスを勉強しました。実験では分光光度計を用い、尿中クレアチニンを測定します。なお、分光光度計は物質が吸収する波長の光を使って濃度を測定する機械です。

    2年生後期の解剖生理学実験では、血糖値やコレステロール値も分光光度計を用いて測定します。

    このページのトップへ

    2022年11月に行われた食品衛生学実験の様子をご紹介します。

    食品添加物は、加工食品を製造する際には不可欠ですが、使用基準や使用方法を守ることが必要です。この実験では、食肉製品を使って、発色剤の検査方法やその原理について知識を深めるとともに、発色剤の効果や使用目的を理解することによって、正しい食品添加物の利用について考察をしていきます。

    このページのトップへ

    食品衛生学の実践においては、環境や手指からの汚染と食中毒を防止するために、細菌学の基本的な知識と技術を身につける必要があります。実際に寒天培地を用いて、細菌培養を行い、細菌集落を見たり、細菌数を数えて、結果を元に汚染状況やその防止対策について考察をしていきます。

    このページのトップへ

    横浜調理師専門学校をもっと知りたい!資料請求はこちらから!

    お電話でのお問い合わせはこちらまで 045‐311‐4126